2016/01/10 16:55:10 |
ホンダが中型低ルーフミニバンとして販売していたストリーム、発売当初はよく売れていたのですが、やはりファミリーカーとしてはキャビンが狭いということで次第に人気がなくなり、生産終了に至った車です。しかし、ホンダはそのあとのことをちゃんと考えていたようで、ストリームの生産終了から約半年、ちゃんと後継モデルを発売したのです。その車がジェイド、ストリーム同様にステーションワゴンのようなボディに3列シートを備え、6人という定員を持つ低ルーフミニバンです。しかし、この車は日本向けに作った新車ではありません。本来の目的は中国市場で、そこで2列シートのワゴンとして、3列シートのミニバンとして販売していたのです。...